昭和39年男 Born in 1964

懐かしいあの頃の思い出へ・・・

カテゴリ: 珈琲いかがでしょう

今日は久しぶりに日差しが戻り桜の開花を促す暖かさとなった千葉県君津地方です
さて休日は珈琲を淹れてのんびりとした時間を愉しむ方も多いと思いますが 今回は
ロクヨンの休日の珈琲タイムを紹介したいと思います                                               
IMG_1970
このポットのような器具はエスプレッソを作る「マキネッタ」と呼ばれている
小型コーヒー抽出器で イタリアではどこの家庭にも必ずあるのだそうです     
IMG_1971
まずは マキネッタの仕組みから見て行きましょう
IMG_1972
ねじ込み式になっている部分を外すと3つのパーツで構成されています
IMG_1973
このボイラーの部分に水を入れます
IMG_1975
フィルターの部分には 深煎りの珈琲豆を極細挽きにした珈琲粉をセットします
IMG_1968
因みに今回使用した珈琲豆はタリーズのフレンチローストです
IMG_1979
後はコンロに掛けて珈琲を抽出します
IMG_1980
ボイラーの水が加熱されると圧力が掛かって お湯がフィルター内の珈琲粉を
通過して上のパイプから珈琲が出て来る仕組みです                                        
IMG_1981
圧力を掛けて素早く抽出する様子から 列車の急行 “エクスプレス” を文字って
エスプレッソと呼ばれるようになったそうですヨン!                                      
IMG_1982
1回の珈琲抽出量は 約50ml あらかじめお湯を注いで温めて置いたカップに注ぎます
IMG_1984
そのまま濃厚な苦味のある味を楽しむのも良いのですが
イタリア人と同じように飲むのなら グラニュー糖を入れて飲みましょう
イタリアではエスプレッソに必ずグラニュー糖を入れて飲みます            
IMG_1986
グラニュー糖の量は6g 3回ほど軽くかき混ぜて飲みます                 
3口か4口で飲み干してしまう程の量ですが とても濃厚で口の中で
美味しい刺激が走りますヨン!                                                        
IMG_1990
そして最後は カップの底に残ったグラニュー糖をスプーンですくって舐めるのが 
イタリア流です! 日本では馴染みがないですが これイタリアの常識らしいですよ
ちょっと子供の頃に食べたハウスプリンに付いていたカラメルシロップみたいな  
懐かしい味わいかな... 笑                                                                                           
IMG_1988
愛用のカップは ロイヤルコペンハーゲンのモカ カップ&ソーサー
おままごとみたいな小さくて可愛いお気に入りのカップです        








ウチの奥さんのママ友情報から ファミレスの「ジョナサン」で  
リッチなコーヒーが飲み放題というので突撃して来ましたヨン!
37820BCE-596D-48C9-B779-57FCAB61BFE7
そのコーヒーとは 高級品種のひとつ「ゲイシャ」
良く見ると30パーセント使用のブレンドでした... 
C70D3DC5-E234-4E65-88DE-035185D4BEA3
只今 ゲイシャブレンド抽出中!
う〜ん 良い香りがしますヨン♪  
AA84CBC2-191E-4D34-8B38-F91288A70271
朝食メニューから選んだのは「ふわとろフレンチトースト」
10140925-64A2-4FCF-B83A-D38609FE1D2C
メイプルシロップをたっぷりかけませう
7BA491FF-764D-49DC-B092-962036711142
やっぱり厚切り食パンで作るフレンチトーストは格別ですねぇ
54B2F608-D016-4443-8F00-099090193889
デザートは「アサイーヨーグルト」
732C109C-823D-4260-B4F0-234D0DC4A857
奥さんは「シャキシャキキャベツのベーコンエッグサンド」
77F42D38-C5C0-4217-AB8B-D1DB0111DAA2
最近は人件費削減か人員不足なのか分かりませんが
配膳ロボットがメインになっていますねぇ              

 あっ!肝心なコーヒーの写真撮り忘れた〜 汗



 

今回は先日の茂原訪問の際に立ち寄ったカフェの紹介になります
最近では カフェ巡りが一つの楽しみになっているロクヨンです   
B25BD8AF-C16D-4663-962B-9E479A28C436
【FFEEL COFFEE & ESPRESSO】
こちらのカフェは 元々明治元年(1868年)に創業した茂原で最も
歴史のある大和屋旅館さんの離れをリノベーションしたもので     
2019年に旅館を閉業後 娘さんが引き継ぐ形で経営されています   
B963CAEA-B373-4E9F-A19E-7FA661486A27
カフェの外観は落ち着いた雰囲気の日本家屋
DEC307DA-A00D-4234-93B0-1C27F6C927DC
店内に入ると カウンター回りはセンスよくリノベされています
E2F2D820-17AA-4829-AB1B-354AEC98732F
カウンターに置かれたメニュー表
2505475C-BE08-4306-9F8D-A81DF883D004
喫茶室の方は日本家屋の雰囲気をそのままに
8C1E5872-65CA-457A-94FE-1A721C7C9185
元旅館の庭園を眺めながら...
B0688E22-5173-47F4-BACC-391AB8DEC52B
ロクヨンがオーダーしたのは エチオピアのコールドブリュー
フルーティーで紅茶の様な味わいのコーヒーです                   
ABB4E8CB-7E56-4023-9DE9-0768B322EE4F
奥さんがオーダーしたのは グアテマラのアイス
4611644C-1F5A-40A8-8FB1-B98BD311A2E1
娘がオーダーしたのは カカオティー
41D24E3A-D1B6-48C8-9F06-AABAB33EAFF9
鎌倉発の生チョコ専門店「MAISON CACAO」からカカオの殻と実を使い
チョコレートの香りがふわっと広がる美味しさらしいです                         
71037AF9-9B31-48E5-B2FE-4E1C37FFEAD2
【FFEEL COFFEE & ESPRESSO】
大変美味しく頂きました〜
865F9AA1-C5F9-4F38-A119-BEA876A67E07
庭には白い花のさるすべり


 

夏は家でじっとしていられないロクヨンです!笑 
大多喜の里山に極上の珈琲を飲ませてくれるカフェがあると聞き
行って来ましたヨン!                                                                    

3B46DD87-ACC1-4A77-8F61-34870FAE8DD2
車1台が通れる道幅の農道を進んで行くと...
86BA1765-DD6E-4147-9860-709CDF236CFD
カフェの案内板が見えて来ました
9F727CFA-CD47-4310-A36D-27D47411426E
更にこの砂利道を進んで行くと...
08D619A5-3557-42CF-9624-FC8651153B4E
草木に囲まれたカフェに到着しました
隠れ屋的な雰囲気にワクワクしますねえ
B7B4DE71-5D75-482F-B163-A7F02D520564
自家焙煎珈琲 抱 HUG
抱と書いてハグと読みます 中々洒落た店名ですね
古農家の納屋をリノベーションした こじんまりとしたカフェです
3F5E9DAA-E3BE-4CF1-99EF-867745EDB738
珈琲通の方なら珈琲豆の品種でお分かりでしょう
64D82C0C-423B-4B67-95F1-8A6727B2892C
こちらはトールペイント風のメニューボード
0ECBD298-1D5A-4B75-9BFD-6CCC576146A6
元は納屋だったとは思えない お洒落で落ち着いた雰囲気です
E2864C1B-CCB8-4398-A261-240E57D615E2
先客の男性は外のベンチで まったりとした時間を過ごしていました
D33B7F07-E654-45E2-A61A-66D455C755BE
ロクヨンがオーダーしたのは “ケニア キリンヤガ” 酸味のある珈琲です
9FCBCDD7-9557-4F20-9968-4A8701C6688F
奥さんは “インドネシア スマトラリントン” 深煎りのコクがある珈琲です
DFF56815-7F27-4114-8732-5BFB579A8358
珈琲が苦手な娘は カフェ・オ・レ
今まで飲んだカフェ・オ・レの中で1番の美味しさだったそうです
721AF984-8E11-4BA3-A712-C8E4BD8BBE24
懐かしい足踏みミシンもテーブル代わりになっています
69734F88-AB49-4849-B7CB-7E61A2096ECB
時折り吹き込む里山からのそよ風が心地よい
C12B52E5-ED3B-4C20-8C32-D93B366D14AE
こちらは店内に置かれているポストカード
917A2CFE-5F05-48E9-BF7E-2CF26B5CCA79
カフェのお洒落な雰囲気と極上珈琲に癒されたひと時でした

B28A620E-A55A-4318-AE44-DDD5C3DB68C7




E32FEDA6-4126-44DD-B6B7-B3B394D183C5
ここは千葉県勝浦市にあるコーヒーショップ「シーダー」さん         
昨年の11月に行われた 勝浦灯台特別一般公開に行った際に見つけた
昭和の懐かしいカナデアンコーヒーハウスの建物です                       
当日は時間の関係で残念ながら立ち寄れず...                                      
6974F28D-4818-4783-B076-25AE37E6CBFC
こちらも昨年 勝浦の街を散策中に見つけた カナデアンコーヒーハウスの看板
この予期せぬ看板を見つけた時はテンション上がりました!                           
2F365F4B-8D3C-40AE-970A-5F031BF29B98
そして先日の勝浦訪問の際にリベンジして来ました!
昼食も摂らずに5時間半程歩き回ったので腹ぺこです 
E18F1E4E-A237-40F9-81ED-56BE7B65CCAC
が、、、なんと臨時休業じゃないかーい!
898D078E-8607-46D5-9302-AC313DFB7692
というか 6月30日まで休業中らしい...
あぁ スパゲッティとアイスコーヒー飲みたかったです         
残念でしたが また今度 リベンジのリベンジして来ま〜す!




 

↑このページのトップヘ